目標達成・計画

「やってのける 意志力を使わずに自分を動かす」を読んで内容をまとめました

どうも、習慣化パートナーのゆーじんです。

今日は「やってのける 意志力を使わずに自分を動かす」を読んだ内容をまとめました。

目標達成するのに、気をつけるポイントはいつも同じって思っていませんか?
ポジティブ一辺倒、気合でなんとかする、計画を立てる。。。正直きついです。

この本には、その場その場に応じた最適な方法が書かれていて、目から鱗が落ちる内容でした。

この記事では、そのエッセンスを凝縮してお伝えしていきます。
最後まで読めば、あなたの目標達成を飛躍的に向上させる手がかりが得られるでしょう。

目標達成は正しい知識で、誰でも習得可能である

この本にタイトルを付け直すとしたら、「脱根性論で目標達成」でしょうか。
気合でのりきるのではなく、科学的に立証された方法を使って、賢くやってのける手法が、これでもかというほど紹介されています。

ゆーじん
ゆーじん
いやー、なかなか読み応えのある本でした

冒頭にもありますが、大切なことは
「目標を達成する能力は、才能や生まれつきの資質ではなく、誰でも高められる。」
ということです。

まず、この前提をしっかりおさえておきましょう。

そして、この本は目標達成に関して、3つの軸がメインテーマになっています。
それでは、1つずつ紹介していきますね。

軸その1:Why型ーWhat型

思考タイプには癖があります。
突然ですが、あなたは次の問いに対してどちらがしっくりきますか?

掃除することは?
1.快適な住まいをつくること
2.床に掃除機をかけること

1と答えた人は物事を抽象的に考えるタイプ、
2と答えた人は物事を具体的に考えるタイプです。

抽象的はWhy(なぜ)、具体的はWhat(何)と言い換えられます。

それぞれにメリット・デメリットがあります。

Why型は意義を感じられる

抽象的な思考は、小さな行動に対して、大きな意味や目的に結びつけることができます。

ここで私が思い出したのは、イソップ童話のレンガ職人の話です。
簡略化してお伝えします。

レンガを積んでいる職人にそれぞれ「ここで何をしているのですか?」と尋ねます。
Aさんは「レンガを積んでいます」と答え、辛そうにしていました。
Bさんは「偉大な教会を作っています。」と答え、やりがいを感じていました。

ここでは、AさんはWhatで考え、BさんはWhyで考えていたということになります。

こんなことやって意味あるのか?と感じたら、「なぜ?」を意識

What型は難しい行動ができる

これだけだと、Why型の方が断然良いと思いますよね。
しかし、Why型にも弱点があります。

どんな時だと思いますか?

それは複雑で難しいことをやるときです。
特に不慣れな場合に顕著です。

例えば、新規事業の立ち上げ、ブログの立ち上げ、初めて車に運転する時の操作などです。

複雑なことに対して、Whatで考えてないと、人は先延ばしまくります。

「別に今じゃなくていいや」
これはWhat思考欠乏症の表れだと思ってください。

先延ばししているなと感じたら、「着手することは何?」を意識

WhyとWhatの架け橋的な存在とは?

それぞれ得意な思考があって、反対側は苦手意識を持ってる人多いと思います。
「話としてはわかるけど、自分でやれと言われても困るな」

そう思っている方に朗報です。
WhyーWhatのバランスをとるいいテクニックがあります。

それはWhen「いつ」を考えることです。
そうです。時間軸の視点も取り入れることで、WhyーWhenの調整が上手くなるんです。

どういうことかというと、
今を考えることは具体的、
遠い未来を考えるほど抽象的ということです。

先ほどのレンガ職人の話も、「レンガを積んでいる」と答えた人は今にフォーカス
「偉大な教会を作っている」と答えた職人は未来にフォーカスしていると言えそうです。

わかりやすいかと思い、図で表してみました。

ちなみに私はWhat型優位なので、未来を考えるのは苦手です。
定期的に数年後自分がどうなっていたいか?という質問を自分に投げかけたいと思います。

 

軸その2:証明型と習得型

次の軸は証明型習得型です。
自分の能力を証明することに重点を置く証明型と、能力を伸ばすことに重点を置く習得型に分類されます。

証明型はうまくいかないときは自分に能力はないと早々にあきらめてしまう傾向があります。
一方、習得型は、今はできなくても努力したらできるようになると信じています。

習得型は、表現は違いますが、成長マインドセット、しなやかマインドセットなどいろんな訳され方をしています。
本質的にはどれも同じ考え方です。

成長マインドセットについては、別記事で詳しく紹介しているので、気になる方は参考にしてみてください。

shinayaka-mindset
挫折に強くなる考え方を身につけようあなたは人と比べて凹んだり、周囲の評価に気になったり、目標達成できなくて挫折した経験はないですか?今日お伝えすることを知ってから、少しずつ自分の人生を上向きに変えていくことができるようになりました。...

習得型

習得型はこんな特徴があります。

  • 過程を楽しめる
  • 不安に負けにくいので、困難を乗り越える
  • ネガティブを改善のチャンスと捉える

ちなみに私は証明型優位なので、習得型は絶対、身につけたいですよね。

証明型

「じゃあ証明型って駄目じゃん」って習得型が最強に思えてきますが、いやいや証明型も使いようなんですよね。

どんなときに使えると思いますか?

それはこんな時です。

  • 自分が得意なことを使えるとき
  • 慣れていることをたくさんこなせるとき

順調にすすむときにやる気を高め、目覚ましいパフォーマンスを発揮するのは証明型です。

軸その3:獲得型と防御型

この軸は簡単です。
獲得型は得ることを重視し、防御型は損しないことを重視する。
楽観主義か慎重派かという違いですね。

獲得型の例はこんな感じ。

  • 大学合格、資格試験に向けて勉強する
  • モテたいから、歯のホワイトニングする
  • 収入を増やしたいから、朝活で副業する

一方の防御型の例はこんな感じ。

  • 留年したくないから、勉強する
  • 虫歯になりたくないから、歯磨きする
  • 自堕落な自分に戻りたくないから、朝活を継続する

獲得型はスピードが必要な場合に適していて、
防御型は正確さが必要な場合目標達成後の習慣維持に適しています。

例えるなら、
獲得型は短距離ランナー、防御型は長距離ランナーといったところですね。

鹿狩りのたとえ

本書で鹿狩りのたとえがあり、面白かったので紹介したいと思います。
心理学では「信号検出理論」と呼ばれている理論です。

まずはこちらの表をみてください。

獲得型の場合、3の機会損失がもっとも避けたいケースです。
「行動頻度が多い」「行動の無駄が多いので、失敗する数も多い」と言えます。

防御型は、2の誤答がもっともさけたいケースです。
「行動頻度少ない」「行動の無駄が少ないので、失敗する数も少ない」と言えます。
但し、何もせず、何も得られない確率も高い。

ちなみに私は防御型優位です。

ケース別使い分けを一挙紹介

3つの軸を紹介し終えたので、ケース別に、どの型を使えばよいかをお伝えしたいと思います。

簡単なこと得意なこと 証明型 獲得型
やる気が沸かない Why型 防御型
難しいことをするとき What型 習得型
誘惑に負けそうなとき Why型 防御型
スピードが求められるとき 獲得型
正確さが求められるとき 防御型
創造性を発揮したいとき 獲得型
過程を楽しみたいとき 習得型

全部覚える必要はないと思います。

大切なことは、次の2つです。

  • 自分の傾向を知っておくこと
  • 局面に合わせた型を使う工夫をしてみること

覚えるならこの図です。
今日の記事からは、これだけ頭にいれておいて欲しいです。

Why型 What型
証明型 習得型
獲得型 防御型

ストレングスファインダーの資質で考察してみました

書きたくなったので、ストレングスファインダーとの関連も私になりに考察してみました。
統計手法は違うと思うので、あくまで傾向って感じですが。

Why型 未来志向、運命思考
What型 実行系資質全般
証明型 最上志向、自我
習得型 成長促進、学習欲
獲得型 活発性、着想
防御型 慎重さ

まとめ

まとめます。

  • 目標達成する能力は誰でも高められる
  • Why(なぜ)思考は、抽象的思考。意義をもたらす
  • What(何)思考は、具体的思考。複雑な取り組みも着手できるようになる
  • 証明型は、得意なことに使える
  • 習得型は、粘り強く取り組める
  • 獲得型は、スピード重視で短期決戦
  • 防御型は、正確さ重視で長期的

紹介しきれませんでしたが、
本書には、自分がどちらの型なのか診断する質問も掲載されています。
気になった人はぜひチェックしてみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
ゆーじん
1987年生まれ。岡山県在住。会社員(社内情シス)。 学生時代からずっと自信がなくて、心理学やセルフイメージに興味を持つ。 新卒で不動産営業、結果全くでず、耐え切れず9か月で退職。 ひきこもりニートを3か月した後、経験0からシステム会社に4年程勤務。 結婚を機に、地元大阪を離れ、岡山へ引越し、転職するが、5年で離婚。 自分のこれからの生き方、働き方を見つめなおそうと、やぎぺーさんの自己理解プログラム受講。 得意なことは「愚直に継続すること」と気づき、習慣化にめざめる。 習慣化によって、人生を変えられると心から信じている。 自分も周りも、ありのまま生きられる世界をつくりたい。 内向的、HSP。 ストレングスファインダー資質は最上、内省、収集心、慎重さ、規律性。 趣味は、料理と漫画と猫。

POSTED COMMENT

  1. しず より:

    記事めちゃくちゃ面白かったです!
    読みながら「ストレングスにあてはめたらどーなる?」って考えてたので、最後カバーしてくれて嬉しかったです(笑)

  2. ゆーじん より:

    しずさん、感想ありがとうございます。とっても嬉しいです。
    特にストレングスファインダーとの関連づけは、自己満足的な部分があったのですが、共感してくれて書いて良かったーって思いました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。