ストレス対策

インターベンション・ブレスレットの実践報告!ストレスに気づく超簡単なテクニック

自分のストレスにどれくらい気づいていますか?

真面目な人ほど、無意識のうちに抑制してしまうものです。
ひとつひとつは小さなストレスでも、積もり積もって大きくなると、気がついたときにはもう手遅れってことになりかねません。

今日は、そんなストレスをため込まないようにするテクニックをご紹介します。

私も1か月くらい実践してその効果を実感しています。

インターベンション・ブレスレットとは?

インターベンション(intervention)は、介入という意味です。

不安対策として考案されたテクニックで、
「イライラすることや自己批判していると気づいたら、ブレスレットを逆の手に付け替える」というものです。

「えっ、これだけ?」って思いました?

メリットは何と言っても取り組みやすさですね。

以下のような効果があります。

  • ストレスの低下
  • 自尊心の向上
  • 慢性的な不安感の減少

ブレスレットでなくても、腕時計や指輪でもいいです。
そういった装飾品をつけない主義の方には、ポケットに入れてるスマホを逆側のポケットに入れ替えることでも代用できます。

実際にやった体験談

「本当にそんなことで効果があるのか?」と思いますよね?
実践報告もしておきます。

私は100均で女性用のヘアゴムを買いました。
輪ゴムだとさすがに見た目が残念な感じだったので。

ネックなのが、「なにつけてるの?」「髪くくるの?」とかいうツッコミが入ることですね。
そういう趣味はありません(笑)

この状態で、自己批判してる自分に気づいたら

こう付け替えます。

1日付け替えた回数が0回のときもあるし、多いときで5回以上やっているときもあります。
仕事での急な無茶ぶりなどは、短時間で何回も付け替えるという時がたまにあります。

自分なりに次のようにアレンジしてみました。
取るに足らないことだったら、付け替えはせずに逆の手で引っ張りパチンと戻すだけにして、区別しています。

いきなり問題が解決したり、ネガティブな感情が0になるような魔法ではありませんが、お守り的な役割は果たしてくれます。

このテクニックのいいところは、
特に、何も考える必要がないところです。気づいて付け替える。ただそれだけです。

思考をリセットしないととか無理しなくていいので、自分には合ってるなと思いました。

付け替える行為は、自分の感情を客観的に見れないとできません。
無意識に抑えてしまう思考を、早めに気づくことで、慢性的なストレスになる前に処理できるのがいいんでしょうね。

まとめ

私のように自責癖があり、不安になりやすいタイプの人にはオススメしたいテクニックです。
手軽に実践できるので、ぜひやってみてください。

もっとガッツリ、ストレス対策したいよって方はこちらの記事も読んでみてください。

stress-taisaku-junbi
ストレス対策も習慣化しよう【準備編】あなたのストレス解消法は何ですか? 今パッと何個ぐらい思い浮かびますか? 以前の私は「寝る」の1択でした。 でも、私たちが...
ABOUT ME
ゆーじん
1987年生まれ。岡山県在住。会社員(社内情シス)。 学生時代からずっと自信がなくて、心理学やセルフイメージに興味を持つ。 新卒で不動産営業、結果全くでず、耐え切れず9か月で退職。 ひきこもりニートを3か月した後、経験0からシステム会社に4年程勤務。 結婚を機に、地元大阪を離れ、岡山へ引越し、転職するが、5年で離婚。 自分のこれからの生き方、働き方を見つめなおそうと、やぎぺーさんの自己理解プログラム受講。 得意なことは「愚直に継続すること」と気づき、習慣化にめざめる。 習慣化によって、人生を変えられると心から信じている。 自分も周りも、ありのまま生きられる世界をつくりたい。 内向的、HSP。 ストレングスファインダー資質は最上、内省、収集心、慎重さ、規律性。 趣味は、料理と漫画と猫。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。